丸七商事が展開する通販部門「おいしい!宝庫」の魅力

1909年創業の丸七商事は、日本製粉グループに属する老舗企業として有名であり、砂糖や小麦粉等の原料食材の取り扱いを筆頭に様々な事業を展開しています。そんな丸七商事が通販部門として開設しているウェブサイトが「おいしい!宝庫」であり、「厳選された逸品を大切な人の食卓に」をキーワードに、高品質でありながらお値段も手頃な商品を数多く販売しています。

実に様々なジャンルの商品を取り扱うおいしい!宝庫ですが、その中でも特に豊富なラインナップを取り揃えているのがお米に関する部門です。日本国内はおろか、世界にもその名を轟かせている魚沼県産のこしひかりを始め、丸七商事の地元である新潟県で生産された高品質なお米にこだわり、販売を行っていることが特徴になっています。

最高格付けとなるSランクのお米は、東京など首都圏のスーパーではなかなかお目にかかる機会がありませんが、おいしい!宝庫では当然のようにSランクのお米も取り扱っています。

味だけではなく、残留農薬ゼロで特別栽培にこだわった小さなお子さんでも安心して口に運べるお米は丸七商事の通販における看板商品とも言え、時に生産者のメッセージを掲載する熱の入れようを見せています。

季節限定商品を取り扱っていることも、おいしい!宝庫の魅力の一つです。例えば冬季の場合には、北海道で水揚げされた新鮮な毛蟹やズワイガニ、年末に家族で囲む鍋の食材としてぴったりなあんこう鍋セットや海鮮鍋セット、旬を迎えるラフランス、そしてお正月に欠かせない蕎麦には生のへぎそばを用意するなど、その時期に一番美味しい食材を購入できることが消費者にとって大きなメリットになっています。

これらの食材はご自宅用として用いることは勿論、贈答用としても非常に人気が高く、お歳暮やお中元といった節目の時期においしい!宝庫を利用する方も増えています。熨斗を無料で付けるサービスも実施しているため、おいしい!宝庫を利用すれば店頭まで足を運んで贈答用の商品を選ぶ必要が無くなります。

商品の購入方法は簡単であり、好きな商品を好きな数だけ選んで「カゴへ入れる」ボタンを押すだけ。商品価格に送料が含まれていますから、お会計の際に予想外の合計金額に跳ね上がる心配もありません。支払い方法としては代金引き換えに加えて各種クレジットカードでの支払いにも対応しており、購入時に会員登録を進めれば、次回以降のお買い物をよりスムーズに楽しむことも出来ます。
全角1008文字入力しました。

3つの事業を柱にグローバルな展開を目ざす

郷商事株式会社では、おもに3つの事業部で製品の生産および販売を行っています。

まず。建産機事業部では、建設機械や農業機械、産業車両などで用いられる部品を提供。おもに、コマツ横浜ゴムといった大手メーカーに供給しています。

なかでも、油圧ホースをはじめとする、油圧チューブやバルブ、フィルターなどは、機械にとって血管のような重要な役割を果たします。その油圧関連部品をメインに、ほかにも車両用のラジオや樹脂タンク、タイヤなどを取り扱っています。

次に、電機事業部では家電や通信機器、OA機器の部品を提供。おもに、シャープやパナソニックなどの大手家電メーカーに供給しています。その製品は、モーターや冷熱製品など、家電には欠かせないものばかり。なかでも、モーターでは、トップシェアとなっている部品もいくつかあつかっています。

この事業では、世界中に展開したネットワークを活かし、さまざまなニーズにスピーディーに応えることをモットーとしています。

「高品質や信頼性の高い部材がほしい」、「新商材の開発をしたい」、「国内外に商品を輸送したい」。

これらを、部材調達から開発、設計、組立、ロジスティクス業務まで幅広くサポート。品質、価格、納期とすべての面で満足してもらえるサービスを実現しています。

最後に、電子機器事業部では、生活と医療の現場を支える製品を提供。おもに、エプソン販売、シスメックスなどのメーカーと共同開発を行っています。

こちらの事業でも、個別のニーズに応え、ゼロから製品を設計開発。現場の導入まで、すべてサポートしています。おもな製品には、組込用プリンターや据え置き用プリンター、バーコードリーダー、入力端末や表示器などがあります。

なかでも、長年蓄積してきた印字技術を活かした、ガラス印刷などの特殊印字装置の開発には力を入れています。

さらに最近では、ARMマイコン搭載の組み込みボードソリューションや、車両情報取得端末「クルマでゴー」など、新たな自社ブランド製品にも意欲的に取り組んでいます。

この3つの事業をマネージメントするために、総務、人事、経理、社内システムなどの管理部門を統合。データや分析をより効率化し、グループ全体ですみやかな共有を行える体制も整えています。

また、海外拠点のグループ会社を通じて、アメリカからヨーロッパ、東南アジアなど幅広い地域でもこれらの製品を販売。

今後も郷商事株式会社では、「生産財の供給と開発を通じて、顧客とともに発展する」をキーワードに、より専門的で、かつグローバルな事業展開を目標としています。

ジェイアールエフ商事株式会社の基本情報

ジェイアールエフ商事株式会社は、その名前からも分かるようにJR賃貸グループの企業であり、日本貨物鉄道株式会社が株主として運営に携わっています。

本社事務所は東京都千代田区飯田橋にあり、昭和63年3月の設立以来、リース事業や商品流通などを通じて地域社会に大きく貢献してきました。

 JR貨物グループが理念としているのは「地球環境にやさしい鉄道貨物輸送を中心とした総合物流企業グループとして発展する」こと。物流の基本は車を利用するものになりますが、JR貨物グループでは自社の電車を活用することによって日本全国にコミュニケーション網を張り巡らせ、地球を汚すことなく必要とされる物資の運搬を実現させています。

グループの指針としては、前述した環境保全への貢献を一人一人のスタッフに改めて課していることを筆頭に、安全最優先の徹底や選択される物流サービスの提供、そして信頼される人材の育成という4点を重視しています。

物流は人と人とを結び付ける重要な仕事であり、そこに心が通わなければ消費者の満足度を高められるとは言えません。人として最も重要なポイントを確実に押さえることによって、多くの人が「選んで良かった」と実感できるサービスの提供を行っているのです。

ジェイアールエフ商事株式会社の事業内容は、総合リース業を筆頭に不動産の売買や賃貸・仲介・管理、金融業、さらに鉄道車両やコンテナ、自動車、航空機、コンピュータ、建築資材、たばこ、石油など様々な商品の販売に至るまで様々なものがあります。

この内で特にJRと深い関りを持っているのが「鉄道資材部」です。鉄道資材部では、JR貨物やグループ会社で使用されている鉄道車両そのものや電気用品、金属工業用品等の販売や調達を請け負っており、鉄道や物流の健全な運営に寄与しています。

消費者が安く鉄道貨物を利用できている裏側には、鉄道資材部が部品調達を工面し、コストを削減しているという事情があるのです。

さらに、自社グループのみならず日本全国のインフラ整備に対しても貢献するため、JR沿線でかつて利用していた中古レールを安価で鉄道事業者に販売したり、
貨物事業で利用していた高品質な中古コンテナを販売したりといった事業も手掛けています。

中古コンテナは各自治体や学校等の施設で再利用される機会も多く、耐久性・耐火性・防犯性が抜群なコンテナは、各施設において運動用品や防災用具の貴重な保管場所として広く採用され、愛用されています。

岡常商事が大切にする売り手と買い手の関係

岡常商事は岡常グループの商事会社で、東京都中央区日本橋本町に本社をもつ会社です。岡常商事は約130年の歴史をもつ老舗食品原料専門商社で、業界トップクラスのシェアを誇る会社です。

近江日野市の出身の常吉によって創業され、常吉の家訓、三方よしを代々継承しながらその時代に合わせた方法で経営理念を貫いてきました。1880年に創業されて以来、長い歴史を通して掲げられてきた岡常商事の経営理念には、世間よし、売り手よしと買い手よしという3つの側面からのよしが大切にされてきました。

岡常商事ではこの「よし」を代々継承し、その時代に合わせた解釈で商いを行っているのです。代表取締役の岡敬太郎氏は、まず目指すところに世間よしという考え方があるとおっしゃられています。

氏は世間を、世界でも崇高の域と称される日本の食文化を築き上げてきた食品業界と捉え、どのように会社が世界に貢献をすることができるのかということを自ら問われます。そして、この問に対して全社を挙げた取り組みを展開されながら経営に携わられています。

また、三方よしには売り手と買い手のよしという二つの視点があります。買い手にとってのよしにはお客様に対する満足の創造があり、常に新鮮な価値のある商品を提案することや収益性の確保、そして公正な分配という視点が位置づけられています。

この商事の取り扱う商材は会社の倉庫にあるものだけではありません。顧客のもつ新商品開発の計画や方向性、そして要望などをもとに、一から新しい材料や仕入先を探した上で提案することもあります。

商事の培ってきた文化や伝統を継承しつつ、時には捨てる勇気ももちながら将来を見据えた変革が行われているところです。また、商事の経営理念を実現していくために、安全で安心できる商品と顧客の立場に立ったサービスの提供という使命を社員全員が共有し実践しています。

商事では大手食品メーカーや飲料水メーカーなどと取引先を進めながら、より柔軟な提案や発注への高い対応を通し、世界に通ず日本の食への貢献を行っています。そして、企業内では進取果敢の精神を重んじる企業文化の醸成への取り組みが行われています。

顧客の要望に合う商品を探して提案できる力を社員がつけることができるよう、全員で自他の成長に対して真摯な取り組みを行い、小さな改善や思いやりを積み上げていくという企業文化の醸成がなされているのです。

岡常商事では150年企業を目指すに当たり、社員や株主に対して積極的に満足を創造し、世間と共に会社の成長を果たすことができる企業を目指しています。

21世紀に挑戦する総合設備商社、ワシノ商事

ワシノ商事株式会社(WASINO TRADING CORPORATION)は愛知県安城市に本社をもつ総合設備商社です。この会社の歴史はとても長く、創業は明治23年、そして昭和53年4月18日に設立されました。

ワシノ商事株式会社は工作機械や各種専用機、検査装置や環境機器など、幅広い設備を販売している会社です。

ワシノ商事は自動車や家電、鉄鋼や半導体などの多くの業種のお客様の持つニーズに合わせて、これらの設備をエンジニアリング的視点を加えて最適な設備として提案活動を行っています。

この商事はこれまでの長い歴史の中で培われた幅広い経験と知見を駆使しながら一つ一つの案件に対して技術面からの検討を加え、より生産性の高いソリューションを提供しています。

そして、商事の顧客が世界の中で競争力のある強い企業になることができるよう、全力をあげてサポートをしています。同時に、地球環境全体を考えた省資源化や省エネルギー化に関する提案も行われているのです。

21世紀というボーダレス時代に、強みのエンジニアリング機能を活かしながら、生産設備や環境設備を通して社会に貢献できる企業を目指して進んでいるのがワシノ商事という会社です。

システムエンジニアリングで顧客の期待に応えることを重視しているこの商事では、単に機械を売るということではなく、お客様の要望を分析してその課題に合わせた設備をシステムとして提案するということに重点が置かれた企業活動が展開されているのです。

そのため、お客様側からこのような製品がつくりたいといった要望を商事に行うことで、品質や生産性、経済性といった様々な点を含め、複数メーカーの機械を組み合わせたりカスタマイズするなどして最適なソリューションを提示してもらうことができるのです。

そのような、お客様の課題に合わせたシステムインテグレーションでは、製品や工法、工程のすべてにわたる総合的な知識や情報が不可欠です。そして担当者が顧客の会社について知っていることも大切です。

その上で、経営やマーケティングなどに限らず、為替や貿易、リーガル面などの知識なども必要となってきます。そのような点で、社員ができるだけ広い知識を持つこと、そして、担当顧客に直接関係のある分野については誰にも負けないレベルのプロフェッショナリズムを発揮すること、そのような姿を目指し、日々精進しているのです。

商事が販売しているのは機械ももちろんそうですが、創造力なのです。システムインテグレーションという点で、常にクリエイティブなアイデアが必要となる、そんな創造的な仕事が行われているのがワシノ商事なのです。

三洋株式会社の事業内容とは

 

三洋商事株式会社の事業内容は、リサイクル(廃棄物処理)を中心としています。
業務では、PCや携帯電話の情報通信機器、プリンター・コピー機やOA機器などを解体し、分別します。解体・分別の種類は他にもあり、キュービクル・高圧機器・配電盤などの電気通信設備なども取り扱っています。産業廃棄物は大きく分けて「資源としてリサイクルをする」「何らかの処理で無害な物にし捨てる」になります。無害物にする事は一見して有効だと思われますが、それによって二次災害も起こしてしまうのです。

地球と人の事を大切に考えた時、有益なのはリサイクル。それを踏まえ、三洋株式会社が目指しているのは「燃やさない・埋めない」なのです。
100%リサイクルを目指すにはパソコンやOA機器、ガラスにプラスチックや金属などを高純度で選別して、どう資源効率を高めていくかがポイントになり、それに大切なのが中間工程です。三洋商事株式会社の中間工程では、全て作業で行われています。機器が最初の製造工程で行われる手順とは逆の順序で、解体を進めていきます。解体した後は人手によって、再利用しやすいよう分別をします。そして、それぞれの専門業者へと送り出しています。

コストが高くなってしまっても人手による解体・分別が欠かせないと三洋商事株式会社は考えています。

そして情報セキュリティ対策にも強い意識を持って取り組んでいます。解体・分別をする物の中には情報が蓄積されているもの多く存在します。
それらの処理工程には徹底して力を入れています。

セキュリティルームが設備されています。セキュリティルームには監視カメラが付いていて行程が守られているか、作業がスムーズがどうかを確認しています。そのセキュリティルームへの搬入・出荷時には、担当責任者と社員3者が立ち会います。

搬入される物には、しっかりと鍵をかけています。携帯電話などの処理物品は、詳細なデータの入力・照合を実地して確かな検品作業を行います。
検品を終えたら物理的な破壊を行う解体ラインへ移り、人手によって解体・分別をします。

先進設備によって情報記憶媒体まるごとのデータを徹底しています。現代の消費社会から地球環境を考えた循環型社会を目標にしている三洋商事株式会社は、先進設備が完備して、大切な情報を適正に破棄する為の、高い意識を持ち、理想としているリサイクル(廃棄物処理)を目指し続ける会社です。

これからの人類にとって環境問題は非常に重要な課題だとして日々、向き合っています。

お客様に100%以上の満足を提供するミカサ商事

 

ミカサ商事株式会社は設立60年以上の歴史をもつ国内外のものづくりを支えるエレクトロニクス総合商社です。

ミカサ商事株式会社の歴史は1948年9月から始まります。京都市で医用機器や部品の販売を始めるという業務からスタートし、
そして、1957年に、資本金30万円で大阪市にミカサ商事株式会社が設立されました。この会社では日本電気株式会社の製品の販売が行われていました。
その後の、1979年1月に現在の、株式会社エムエスイが設立され、1986年10月にはシンガポール現地法人が設立されました。

その後、海外拠点の設立が続いていきます。1987年8月には香港現地法人設立が、1989年8月には韓国支店が開設されました。
そして、1990年10月には台湾現地法人設立が、その3年後の1998年の1月には米国現地法人が設立されました。この間、国内では1995年6月には株式会社デバイスネットが、1999年2月には株式会社ガウディが設立され、2005年5月には株式会社ミカサビジネスサポートが設立されました。

2006年には上海現地法人設立がなされ、2011年11月に現在の株式会社テクノミカサである株式会社ミカサナノテクノが設立されました。
創業以来、ミカサ商事株式会社では、国内で事業を拡大するとともに、海外拠点の設立にも積極的に関わってきました。
そのような動きの中で、

大手企業と共に日本の産業を支えてきました。この会社では、笑い、感謝、謙虚という3つの言葉を会社を表すキーワードとしています。
明るい社風で、ミカサで良かったと思っていただける仕事をするために、社員一同、日々業務に真摯に向き合っています。
ミカサ商事株式会社では、ルネサスエレクトロニクスから、国内トップメーカーとのアライアンスによって、

最新電子デバイスなどの商品などの取り扱いがあります。この会社では、お客様のニーズに合わせて、セミコンダクターや電子コンポーネントなど、
あらゆるデバイスを迅速に手配しすることが可能です。半導体集積回路、回路基板、レーザー装置、回路部品などの供給には定評があります。

また、お客様のニーズに適切に応えるため、可能な限り、あらゆる技術と運用バランスが考慮された最適のシステムソリューションを提供しています。
そして、お客様に100%以上の満足を約束できるよう、スタッフは日々たゆみない研究を続けています。
ミカサ商事にしかできないデバイス技術が応用された高品質システムが提供可能で、このサービスはクライアントからも厚い信頼があります。