時代を捉えたベストな提案営業について知ろう

川中商事株式会社では、クライアント側のニーズに基づく、ソリューション提案営業スタイルを主軸にビジネスを展開している企業です。
お客様ごとに印刷製品や業務上抱える問題は異なっており、求められる設備やサービスも同じではありません。

川中商事では、商材の種類の豊富さによって生まれる提案のバリエーションの幅広さを活かして、スピーディなソリューションの提示と、
その対応まで一貫して責任をもって取り組んでもらえるきめ細かな対応を行ってもらうことができる企業です。

対応の過程で発見された課題や細かなニーズ対応などにも丁寧に対応し、問題解決を提示することができる、
お客様の信頼を裏切らない営業スタイルによって信頼を獲得してきた企業といえます。

川中商事株式会社では、これまで主流であったオフセット印刷から、スピードも速く、設備投資も少なくてすむデジタル印刷へ移行する業界の流れを
先に読み、いち早くデジタル印刷機器を主力とする海外メーカーと専任契約を締結してきました。

また、印刷会社をはじめとする各企業に対して、印刷工程で使用される印刷機器や印刷CTP版、印刷薬品など、
富士フイルムコニカミノルタコダックなどの販売代理店として様々なメーカーの商材を幅広く取り扱うことで、
印刷産業と家電量販店の中間の流通部分を担う商社としての役割も担い、特色ある事業が展開されています。

そのために、川中商事では自社ブランド製品の開発と販売が積極的に行われています。そのことで、時代ニーズを反映したお客様の声と向き合い、
お客様の要望に応えられるように時代に合った新しい価値の提案や提供のための準備も着実に進められています。
川中商事株式会社では、主力商品である印刷業向けMIS「印刷管太郎?(イレブン)」のデモンストレーションを定期的に開催しており、
全国から参加するために足を運んで来ている企業のお客様もいます。

東京都大田区川中商事株式会社は、1970年8月に設立され、主にオフセット校正刷業として印刷画像処理機材や、
印刷機周辺機器の開発と販売から始まった企業です。常にお客様の求めているものと時代を的確に見極めながら、
信頼できるビジネスパートナーとして問題解決というプロセスを通して新しい価値を提案しつづける東京都大田区の企業です。
川中商事株式会社は自社都合で売りたい商品ではなく、お客様が真に必要としているものを提案してもらうことができる企業です。