ジェイアールエフ商事株式会社の基本情報

ジェイアールエフ商事株式会社は、その名前からも分かるようにJR賃貸グループの企業であり、日本貨物鉄道株式会社が株主として運営に携わっています。

本社事務所は東京都千代田区飯田橋にあり、昭和63年3月の設立以来、リース事業や商品流通などを通じて地域社会に大きく貢献してきました。

 JR貨物グループが理念としているのは「地球環境にやさしい鉄道貨物輸送を中心とした総合物流企業グループとして発展する」こと。物流の基本は車を利用するものになりますが、JR貨物グループでは自社の電車を活用することによって日本全国にコミュニケーション網を張り巡らせ、地球を汚すことなく必要とされる物資の運搬を実現させています。

グループの指針としては、前述した環境保全への貢献を一人一人のスタッフに改めて課していることを筆頭に、安全最優先の徹底や選択される物流サービスの提供、そして信頼される人材の育成という4点を重視しています。

物流は人と人とを結び付ける重要な仕事であり、そこに心が通わなければ消費者の満足度を高められるとは言えません。人として最も重要なポイントを確実に押さえることによって、多くの人が「選んで良かった」と実感できるサービスの提供を行っているのです。

ジェイアールエフ商事株式会社の事業内容は、総合リース業を筆頭に不動産の売買や賃貸・仲介・管理、金融業、さらに鉄道車両やコンテナ、自動車、航空機、コンピュータ、建築資材、たばこ、石油など様々な商品の販売に至るまで様々なものがあります。

この内で特にJRと深い関りを持っているのが「鉄道資材部」です。鉄道資材部では、JR貨物やグループ会社で使用されている鉄道車両そのものや電気用品、金属工業用品等の販売や調達を請け負っており、鉄道や物流の健全な運営に寄与しています。

消費者が安く鉄道貨物を利用できている裏側には、鉄道資材部が部品調達を工面し、コストを削減しているという事情があるのです。

さらに、自社グループのみならず日本全国のインフラ整備に対しても貢献するため、JR沿線でかつて利用していた中古レールを安価で鉄道事業者に販売したり、
貨物事業で利用していた高品質な中古コンテナを販売したりといった事業も手掛けています。

中古コンテナは各自治体や学校等の施設で再利用される機会も多く、耐久性・耐火性・防犯性が抜群なコンテナは、各施設において運動用品や防災用具の貴重な保管場所として広く採用され、愛用されています。